www.myersbooks.net

借金の支払い内容は会社の方針によって随分ずれというものがあって、いろんな手法が選ばれています。一般的なところではスライド法やリボ払い方式などがとられているみたいです。こんなほとんどの人が聞いたことがあるリボ払いでも、実を言うと勘定法におおくの形式があったりするのです。そしてしかよう方式によって支払い合計金額が変わってきてしまうわけですので心得ておいて損をするようなことはないと思います。では簡便に2つのやり方の相違に関して解説していきましょう。一つは元金均等払いでもう一つは元利均等払いです。これらはその名のとおり、元本に関してを均分に払っていくというのと、元金と利子について合わせて均等に支払っていこうという方法です。この場ではたとえば10万円借金したと仮定し具体的にどんな算定をするかやってみます。利子については双方とも15%と設定して計算します。リボルディング払いに関しての支払いを1万円と仮定して計算します。ともかく元金均等払いからです。こういう場合の1度目の返済については1万円に対して利息分の1250円を加えた金額となります。次の支払いについては1万円へ利息分の1125円を合計した支払額へとなります。かくて全部で10回で引き落しを終えると言う様式となります。一方で元利均等払いというものは1度目の支払については1万円で元金へ8750円、利子に1250円という具合に割り振りをします。次の返済に関しては元本が8750円に減少した状態にて金利を勘定し1万円から再び割り振りをします。詰まるところ、元利均等払いのケースは10回で支払いが終了しないという計算になります。これだけの差異で二方がどれぐらい相異なってるのかということがたっぷりわかったことでしょう。元利均等とは元金均等に比べてはっきりと元金が減少するのが遅くなっていると言う弱点が存在したりします。言い換えれば利息といったものを余計に支払うという状況になるのです。一方で初回の支払いが小さな額で済むというメリットというものもあったりします。かような支払い手法に関してのへだたりによって支払合計金額というのは変わってきたりしますので自身の嗜好に応じた方針を採用するようにしていってください。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.myersbooks.net All Rights Reserved.